親切系 通信管理士マスター壱号のウェブログ › NTT › 【事務所開設・移転】ひかり回線を導入できるかどうかを調べる方法。

2015年08月24日

【事務所開設・移転】ひかり回線を導入できるかどうかを調べる方法。

【事務所開設・移転】ひかり回線を導入できるかどうかを調べる方法。

新規に事務所を開設する時、事務所を引越しする時、その開設・移転先の『ひかり回線(インターネット回線)』の導の入可否を調べる方法をお伝えしておきます。


今、インターネット回線は、当然『ひかり回線』です。
電話回線も、従来のアナログ回線・ISDN回線にかわり、ほとんどが『ひかり電話』になっています。ご存知のように『ひかり電話』は、インターネット回線に付加するオプションサービスです。ですから、最初に『ひかり回線(インターネット回線)』を導入する必要があります。

この『ひかり回線』が、
・その建物・そのエリアに導入可能なのか。
・いつぐらいに工事の準備が整うのか。
を事前に簡単にお客様側で確認できます。

まずは、お手元に以下の項目をご準備下さい。
①導入先の住所(マンション名まで)
②郵便番号

手順は
1.下記ボタンをクリック
2.「お住まいタイプを選択」から、「戸建住宅」か「マンション(集合住宅)」を選択
※戸建住宅=ファミリータイプのことです。自社所有ビルも含みます。
※マンション(集合住宅)=マンションタイプのことです。テナントビルも含みます。
3.「エリア検索方法の選択」に郵便番号を入力し、住所を選択していく。

なお、NTTの光コラボ事業者が提供する『ひかり回線』も、元はNTTのひかりなので、
このサイトから導入可否の確認ができます。

https://flets-w.com/cart/index.php






同じカテゴリー(NTT)の記事画像
一般加入電話サービスは、いずれ廃止される。
同じカテゴリー(NTT)の記事
 一般加入電話サービスは、いずれ廃止される。 (2014-04-06 17:30)
 NTTフレッツ光が苦戦してる? (2014-03-21 20:43)

Posted by 親切系 通信管理士 壱号 at 10:00 │NTT